2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« お子様ランチ。 | トップページ | あっという間に一月 »

2006年2月 9日 (木)

感謝

 昨日はシンクポートの運営会議。本題も有意義だったが、余談の「原オタク」と「現オタク」の価値観の違いについて論じあったくだりも面白かった。詳細は省くが・・・。久しぶりにこういったことを熱っぽく語り合ううち、暴走気味だった10代の頃のオタクな青春を思い出してちょっとしょっぱい(決して甘酸っぱくはないところがイタい)気分になった。

 一夜明けてネットのニュースサイトをチェックしていると、なんと「伊福部昭氏死去」の報が。昨年「伊福部昭 吹奏楽作品集」のリリース時に「私が自衛隊のために書いた音楽がようやく自衛隊に演奏される」と喜んでおられたのを、何か複雑な気分になりながらも微笑ましく思いつつ、ご健在を喜んだものだが・・・。

  午前中急ぎの納品があったので、むやみに落ち込んでいるわけにもいかず、作業しながら「伊福部昭 管弦楽選集」の「交響譚詩」と「タプカーラ交響曲」を聴く。特に「タプカーラ交響曲」の3番は芥川也寸志指揮による暴力的とも言える迫力の演奏で、「生命力」の音楽化とも思えるこの楽曲の力が横溢している。高ぶりが頂点に達するコーダでは涙がこみあげてきた。

 ゴジラ映画の音楽に胸躍らせた小学生時代、「伊福部昭の世界」に始まる東宝レコードのLPを擦り切れるほど聴きまくった中高生時代、初のデジタル録音による「SF特撮映画音楽の夕べ」の迫力に息を呑んだ20代から現在に至るまで聴き続けてきた素晴らしい音楽の数々、氏の業績を思うと胸が熱くなる。

 偶然、先だっての日曜日の早朝放送されているTBSラジオの「子供音楽コンクール」で、コンクールに出場した小学生による「交響譚詩」を聴き、なかなか見事な演奏に感心したばかりだった。

 作曲者は没しても、作品はこれから100年、200年と長きに渡って愛され、演奏され続けることだろうし、氏もそれを至上の喜びと感じているに違いない。私としては、ただ感謝するばかり。

« お子様ランチ。 | トップページ | あっという間に一月 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。