2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« なんか大騒ぎに。 | トップページ | 成分解析 »

2006年4月 9日 (日)

打ち上げ兼討ち入り

 なかなか楽しかった。3年目ともなると和気あいあいとした空気があっていいもんだ。といっても私は現場の人間ではないからほんの数名の方にご挨拶した程度だったけど。
 声優さん達は本当に仲良しなんだなあ。勢揃いしての自己紹介でも、作品上のキャラとイメージが二重写しになる感じがした。
 皆さんお疲れ様でした。

 ビンゴではバスマットをいただいた。家族がとても喜ぶ。

 てな調子で私が楽しんでいる間にも第三シリーズのスタッフは奮戦中でした。ご苦労様です。

 新シリーズ第一話もキレが良く、クオリティの高い出来で家族にも大好評。このところ連続でこの仕上がりはちょっと驚異的。現場の方々の頑張りには頭が下がります。

 「銀魂」第1話を視聴。面白かった。初回がオリジナル脚本だった事が色々取りざたされていたようだけど、オレはそこにこそスタッフの意気を感じる。
 少なくとも我が家的には娘が本気でバカ受けしていた(外に聞こえるほど大笑いしてた)のでオールオッケーですが。

 話は前後するが打ち上げ終了後「アラガネ」KK氏と熱血ライターM氏の打ち合わせに合流。M氏がすでに自分なりのアラガネ世界を構築しつつあるのに驚く。まだ二度目の打ち合わせなのに、だ。構想を色々聞いているうちに、早く彼の書いた脚本が読みたい欲求でムズムズしてくる。

 そんなこんなで幸せな気分にばかり浸っていては天罰が下るのではないかと思っていたら、少々不穏な知らせが。う〜ん、そうは問屋が卸さないか。まあとにかく善処するしかないだろうな。これが天罰になりませんように。

« なんか大騒ぎに。 | トップページ | 成分解析 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。