2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月23日 (火)

黒鮫号に「海洋特撮」を思う。

黒鮫号に「海洋特撮」を思う。

 ひさしぶりにホビーショウに出向く。
一般公開日は大変な人出。なんだか活気が溢れていて頼もしくなる。
まだまだホビー関連は捨てたモンじゃないなぁ。

 その中で自分的にひときわ目を引いたのがモデラー展示の黒鮫号。
細部に至るまで精密に再現された素晴らしい出来。ちょっと興奮してしまった。
Img_0636
 近年、SF海洋ものがぱったりと無くなってしまい寂しいばかり。
自分が子供の頃は洋のスティングレイやシービュー号、邦の海底軍艦にMJ号、アルファ号と、ユニークなスタイルの潜水艦や万能戦艦(しかもそれが主役)の活躍を胸躍らせながら観たものだった。

 SFに限らず現在でもクラシックな洋画や邦画の海戦シーンなどを観るのが大好きで、帆船同士の艦隊戦が燃える「美女ありき」や第二次世界大戦の独無敵戦艦ビスマルクと英海軍の死闘が迫力の「ビスマルク号を撃沈せよ!」大プールのスケールが発揮された東宝の「日本海大海戦」など、何度観ても飽きない。

 だからといって「海もの」なら何でも良いのかというとそうではなく、自分は「高速度撮影された水と炎フェチ」なので、海そのものがCGIだったりする最近の作品にはビビッと来ない。だから「ローレライ」より「潜水艦イ-57降伏せず」の方が燃えるし、「タイタニック」の沈没シーンより「レイズ・ザ・タイタニック」の浮上シーンに目眩を覚えるのだったりする。
 前述の「日本海大海戦」などは煙突からモクモクと黒い煙を上げるバルチック艦隊と日本艦隊が、これまた周りが煙で見えなくなるほどの艦砲射撃を繰り広げ、着弾した艦体からは赤黒い爆発が起こる。それらを包み込む、見事に作り込まれた大プールの波。艦隊の蹴立てる水しぶき。ヒューガルポンプの水柱。ホリゾントの青空。もうたまらない。円谷監督は素晴らしい物を遺作として残してくれた。

 今のご時世ではこれらの作品の作り方はあまりに贅沢だというのはわかる。当時の撮影スナップを見ると、その愚直とも言えるスケールの大きさはクレイジーに思えるくらいだし。
 今後もCGIでのリアリティ追求は進むだろうがきっとオレはなんとなーく気乗りしない感じでそれを観続けるのだろうなぁ。

 オマケの写真・MJ号のブリッジ。80年ごろ。
Mj

2006年5月10日 (水)

タブレットの悲劇。

 先日、吉崎観音先生の日記を読んでいると、ワイドスクリーンディスプレイとタブレットの組み合わせで絵を描いている人々へ注意の呼びかけがあった。
 先生曰く、ワイドディスプレイを導入した際に必要(だったらしい)設定をせずそのまま使用していたのが、マシンのトラブルチェック時に発覚したとのこと。

 もしや、と思い自身のマシンをチェックしてみると・・・あ、オレもだ(涙)。
・・・簡単に説明すると、ディスプレイの描画領域とタブレットの描画領域の縦横比が違うため、タブレットに描いたものが横に伸びてしまっていたのだ(写真、正円のテンプレートで描いた円。右が調整前、左が調整後)。
Img_0573


 うひ〜、何も知らず使ってた・・・。先生も日記に書いてたが、タブレット使用後の妙な疲れはこれが原因だったのか・・・。使用時に違和感のようなものを感じるレベルではなかったが・・・と言うか「なんか描きづらいなあ」が「タブレット描きは慣れるまで難しいなあ」に感覚がすり替わってたんだな。たぶん。

 ここまでやって、はたと気づき、紙にフリーハンドで正円を描いてみると・・・きっちり縦長になってる・・・手先がワイド対応になってるよ〜(泣)。
 メーカーさん、これに気づいていないユーザー&新規ユーザーの皆さんのためにも注意を促した上、チェック方法と設定の仕方を環境設定のマッピングの項目に目立つように記載した方が良いですよ。

 仕事で毎日使ってる身としてはかなり脱力・・・。
みなさんも早急にチェックしてみて下さいね〜。

2006年5月 4日 (木)

上天気。

 追記。MOTHER3の交換は思いの外スムースに済んだ。
手続きの翌日にはお詫びメールが届き、宅配便がやってきてピックアップ。
二日後には交換品が届く。ただ、今回の物も前回程ではないものの少々ひっかっかりがあった。ボタンの隙間にちょっと爪を差し込んでやると改善。
これでなんとかまともに遊べる。

2日の夜に友人のkosatakaがやって来る。夜更けまでウダウダと話しながら呑む。
彼が持ってきた「サンダーマスク」を観るが、2話観た時点で頭が痛くなって来たのでやめる。本田監督もエラいもの撮らされちゃったな。

 翌日は上天気で暖かかったので、近くのデパートでやっている「北海道物産展」に出向いてちょっと値の張る弁当を買い込み、公園の芝生の上に広げてみんなで食べる。食後はちょっとゴロ寝。風が心地よかった。
 遠目にラッパの練習をしている若者がいた。直立不動の姿勢で、耳をすますと起床ラッパなど吹いている。途中、通りすがりのじーさんにつかまって何だか講釈をたれられている(そのじーさんは若者に笹笛を聞かせていた)。

 きっとあの若者は自衛官で、上官からおまえゴールデンウィーク明けからラッパ担当だちゃんと練習しとけと言われて休日返上で練習に勤しんでいるところなのに通りすがりのじーさんが長々講釈始めちゃってまいったなー練習しなきゃなんないのにと思いつつ無視できなくてじーさんの得意の笹笛まで聞かされて散々な日だったがラッパ担当初日早朝起床ラッパを吹こうとした瞬間ああ!あのじーさんの言ったことはこれだったんだぁあ!つってラッパの極意に目覚めるんだぞいやそうだそうにちがいない、などと勝手にアフレコして遊んだ。

 そのあとダイエーの中に出来たユザワヤをひやかし、アニメイトをひやかし、ブックオフで「YAMATO2520テーマ音楽集」を発見して保護。ブックレットにはシド・ミードのスケッチが色々入っていて豪華。デビッド・マシューズの音楽も良い。一緒に買った「あずまんが大王」(いまさらな感じだが)を読みながら聴く。

 のんびりとして良い休日だった。
Img_0574

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »