2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« ウルトラマン先生 | トップページ | ポスターの記憶から。 »

2006年6月10日 (土)

ウエットルキング

 いや〜、楽しませていただきました。視聴中ニヤニヤしているヤなオヤジ。
子供は元ネタも知らぬまま笑ってたのでオールオッケーですよ。
それでこそアニメケロロですよね。それにしても今回は濃かった。
サインを指で回すと痛いから鉛筆で回すなんてネタは当時を知る者でこそ出来ること。さぞや若い方々には加齢臭のウザい回だった事でしょう(笑)。

 パロディ部分だけでなく、「気持ち悪い」と言われて落ち込んだウエットルキングが、降りしきる雨の中で膝を抱えて紫陽花を見つめるシーンなどは、なかなかしんみりとした良いシーンでした。ストーリーの落としどころもとても良かったし。

 それにしてもあのユルユルの主題歌が。欲しい。欲しいぞ。ぜひともサントラ収録をお願いしたい。

 再登場はあるのかな。次はスケールアップしてウエットル兄弟も登場するとか。ウエットル警備隊のウエットルホークとか登場するならやってみたいなぁ。ヌメヌメのメカ(笑)。

« ウルトラマン先生 | トップページ | ポスターの記憶から。 »

コメント

ご丁寧なご回答、ありがとうございました。
…って、なんスか、この特撮祭りは(笑)
話したい事はいっぱいあるのに、コメントが追いつきませんよ(笑)

同じサンライズの「焼きたて じゃぱん」で
「いろんな所に迷惑かけて実現したぞー!」って名台詞がありましたが、
あれって具体的に誰がどういう風に話を付けに行くんでしょうね?

ケロロのお仕事の場合、
「○○ならこうでなくっちゃ」とご自身のノリで確信犯的に
やっちゃう場合と、
監督から「○○風」って発注される場合とどちらが多いんですか?
…などと、今回も質問を振らせて頂きました。すいません。
いや、このブログ一年ぐらいやったらエッセイとして出版される
計画があるのではないかと勝手に思っておりました。

素で同じ反応ってのがたまらなくイタいデス(笑)。アンド横で見ているマイサンズにいちいち説明しているオレがいた。ガ○ダム以上のディープなネタ連発なのは監督の趣味でしょうか?ただ時間の都合か、「サ○ダー二段変身」が完全じゃなかったのがちょっと残念(笑)。益々の(いい意味での)暴走を期待しております。

>品場モロトモさん
 シナリオ打ちに参加しているわけではないので、監督の趣味かどうかは解りませんが、同年代のメイン・スタッフが多いので今回のような物をやる、となるとあれやこれやとムダなカロリー使いたい病が発症するのは致し方ないところでしょうか。人のことは言えないけど(苦笑)。

 それにしても二段変身が完全でないことを指摘できるキミって(笑)。

>だいすけさん
「じゃぱん」についてはスタッフじゃなかったので解らないですが、別にマジで迷惑かかることはないでしょうから(あくまでパロディですから)、特に話を付けるとかなんとか大袈裟なことにはなってないと思いますが。当然やりすぎるとお叱りを受けますけど。
 それぞれの作品で「これはオッケー、これはダメ」というルールみたいなものがそれなりにありますから、それにそって監督やプロデューサーが判断する、って感じですかねぇ。なんでもかんでもってわけじゃありません。

 デザインに関しては基本的に監督の意向に添ってやります。「こうでなくっちゃ」というものがある場合も、メカ打ちの段階で監督にキチンと提案して、了承をもらってやります。作品は監督の物、という認識で私はやってるので自分で勝手になにかやるということはまずありません。

 特にこれといった指定が無くておまかせ、って時はちょっと遊んでみることもありますけどね。「ケロロ」では中学生の時に描いたメカをそのまま登場させたこともあるし、「絢爛」の時にもサークル時代に描いた「ま○は○どん」にこっそり登場してもらったり(色は違っちゃってましたけど)。素人時代に自分で描いた物だから誰にも迷惑かからないですしね。

 出版ですか。はは。ボンクラなのに。そんな大それた。
何年も続けて、何か系統立ったものが見いだせたら同人誌作るのも楽しいかもしれませんね。それはまた50の手習いに残しときますか(笑)。

この記事へのコメントは終了しました。

« ウルトラマン先生 | トップページ | ポスターの記憶から。 »