2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« ポスターの記憶から。 | トップページ | このところ »

2006年6月26日 (月)

惑星。

 最近ホルストの「惑星」CDを2枚購入。1枚は冨田勲版。もう1枚はボールト指揮ロンドン・フィルハーモニー版。

 冨田版は初めて聴いた中学生のころを思い出し、時に愛らしく時に荒々しい音作りとドラマ仕立ての構成のおもしろさを楽しんだ。当時のシンセサイザーの単純ながら不思議な暖かみのある音色は心地よい。ノスタルジーもあるけど。
 人間が丹念にオペレーションし、機械がジェネレートする暖かみ。使う人の温かみが伝わるのかな。電気的に「疲れを知らないオーケストラ」を表現したワルター=ウエンディ・カーロスとはちょっと世界が違う。

 ボールト版は色々評判を聞いていたので遅ればせながらの鑑賞だったが、これが凄い。絶妙な緩急、精妙な音。すいません稚拙な表現で。安価で入手出来るので密林ででも買って聴いてください。

 生まれて初めて自分の金で買ったクラシックのレコードはメータ指揮ベルリン・フィル版だった。高校1年のころ。レベルメータが振り切れてるんじゃないかと思うほどの「火星」にイカレてしまって、これを聴くと深夜のお絵かきがヒートアップしたもんですよ。今聴き直すと荒削りな感じもするけど、それがまた高校生男子にはピッタリだったわけですな。
 初めて「木星」を聴いて、小学生の頃毎週見てた「日曜洋画劇場」のエンドクレジットにかかっていて、とても気になっていた曲はこれだ!と感激したのも忘れられない。

 ボールト版はリマスターが良くて非常にクリアな音質なのだが、所有のメータ版はちょっと音が曇っている感じで残念。リマスター版で聴き比べてみたい。

« ポスターの記憶から。 | トップページ | このところ »

コメント

「惑星」と言えば、「ひょうきん族」の「ひょうきんニュース」で
「木星」が使われていました。
曲の渋さと番組のギャップにインスパイアされて、高校時代に
「Jの映画」を文化祭でお披露目した際、「木星」を使ったんですよ。
後輩の女子に
「まじめ過ぎるから、いかにもな感じの特撮ソングを使った方が
とっつきやすいかも知れない」
と指摘されてデンジマンに変更しました。
アマチュア小僧が生意気ですが、「さじ加減」というものを
考えるキッカケを与えてくれた思い出の曲です。
とまあ、今回はお互いに意外な引き出しを見た、ということで。(笑)

そうですよね。思い切りチャチなものに豪壮な音楽付けると逆にギャグとして振り切れる場合もありますが、マッチングが微妙な場合は素直に、映像に寄り添った音楽付けた方が無難だったりしますから。
それはそれで平凡になったりする場合も多いから難しいですね。映像に対する音楽の選択は。

この記事へのコメントは終了しました。

« ポスターの記憶から。 | トップページ | このところ »