2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月24日 (日)

近況報告です。

 先々週は10年ぶりに慰安旅行なるものに行ってきました。観光バスも温泉も10年ぶり。前回は仕事の都合で行けなかったのですが、今回はなんとか調整成功。
 おいしいものも食べたし、呑んだし、温泉も(もちろん朝風呂も!)満喫できたし、大満足でした。普段ゆっくりお話できない方々とも歓談できたし。

 仕事面で面白かったのは、先週やった「SDガンダムカタログ」の表紙。
今回はイラストではなく、プラモのパーツをラフイラストにしたがってパーツごとに撮影してPhotoshopで合成するというもの。手順としては

1.まずラフなポーズイラストを作成。

2.パーツの撮影に立ち会い、ラフに従って必要なアングルをカメラマンさんに撮影していただく(この際のカメラマンさんの的確な判断は勉強になりました)。

3.撮影した画像データをレタッチ。表面に付着したホコリやパーティングラインを消去したり、色が足りない部分に色を足したり(コマンドガンダムは無彩色&シール無しの素組状態でした)します。これがなかなか時間を要する仕事。

4.ここからが本格的な加工。ラフどおりにパーツを切り取って貼り合わせ。
SDの場合にはポーズに極端なデフォルメがかかるので、それに合わせてパーツを変形させたり、パーツを描き込んだりします。
単純に穴が開いているだけの拳の内側にも指を描き込んだり、キャラの顔をスタンプツールやペイントで自分好みのものに整えます。

5.最後に、刀などにストックしてあった輝きの効果を加え、各キャラのバックに背景との分離を良くするためのフレアを加えて完成。

 もう少し時間があれば色調などももう少し追い込みたかったのですが、あまりいじくり回して「プラモらしさ」が無くなるのも嫌だったので、ある程度で抑えました。

 初めてPhotoshopを本来の用途で仕事に活用できました(笑)。

 さて、本自体の内容ですが、台割を見せてもらった段階では、こんなモンどっから見つけたの?というような画稿もあって恥ずかしいやらなにやらですが、ファンの皆様には空前の資料本になるでしょう。「編集・執筆 シンクポート」の名に恥じない内容ではないかと。手前味噌ですが。今月末発売予定なので、皆様お楽しみに。

2006年9月 6日 (水)

特撮の神様。

 昨日からNHK教育テレビの「知るを楽しむ」で円谷英二についての講義が始まった。講師は唐沢俊一。
 ニュートラルな立ち位置で、「日本の特撮」を大きな視点で批評するやり方には好感を持った。今後が楽しみ。
 アメリカ人は日本のぬいぐるみ「怪獣」特撮を「チャチ」だと酷評し、日本人はアメリカのストップモーション・アニメ「モンスター」特撮を「オモチャ」だと取り合わない事実を、なんだか懐かしく思った。こりゃ多分マンガ少年別冊に載ったマンガ「日米特撮合戦」のせいだな、たぶん。

 しかし1960年代には日本の円谷、アメリカのL・Bアボット、イギリスのメディングス、ソ連のプトゥシコなどがミニチュア一発撮りを主体にした特撮で(つまり、ほぼ同じ技術で)腕を競った時期があった事実も認識すべきだろうな。

 それは「マイティジャック」と「海底科学作戦」と「キャプテンスカーレット」をほぼ同時期に視聴できた、幼き俺っちのメカ三昧の日々でもあったり。

2006年9月 2日 (土)

ふと気がつくと

 一ヶ月もマルっと更新してなかったり。
これだけ更新しなかったりすると知人間で色々憶測が発生したりするようですが、
別に深い意味があるわけではありませぬ。
ちょっと忙しかったりちょっと気が乗らなかっただけで。

 先日、某専門学校のお呼ばれで「一日講師」をやってきました。ガラじゃないとは思ったんですが、「講義」なんつー堅苦しいものではなく、四方山話的なもので良いということだったのでついつい。
 しかし身の丈に合わないことはやるもんじゃありませんなぁ。詳しくは語りませんが。
教務の方に「先生」と呼ばれる度に走って帰りたくなりましたよ。良い経験にはなりましたし、晩年の語りぐさにはなると思いますけど、もうやらないでしょーね。恥ずかしいし。

 ホント、喉がカラカラになりました。帰りに世話人の某氏と呑んだビールがスゲー旨かったです。

 あとは・・・何があったっけな。あ〜、買ったばかりのMacBooに不具合発生です。落ちまくりです。フツーに、一般人的に使用する分には(メールとかネットとか)サクサク快適なマシンですが、PhotoShopでヘビーな作業すると突然どこかへ行ってしまうので、仕事で使用するには致命的です。
 以前買ったeMacもいわゆる「ジニー」なヤツで、メインマシンのPowerMacG4MDDも色々ワガママな不良です。
私は地雷を踏む運命の星の下に生まれたのかもしれませぬ。それでもMac以外ヤな私。

 先日、ToToの過去のアルバムがリマスターされて紙ジャケットで発売されていたのを知ってあわてて購入。初期作品のCDはどうも曇った、というか眠い音で不満だったけど、今回はまるでベールが剥がれたような明瞭さ。以前書いたボールト版「惑星」と同じ方式でリマスターされたそうです。おお、なんか気分次第のブログに一貫性が感じられるぞ(笑)。

 仕事はようやく消化できて、集中できる本数になってきました。しかし濃厚なものばかりなので、気は抜けません。がんばろ。

 たまには告知。「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER」で、スターゲイザーのコクピットデザインやりました。戦争用ではないガンダムだからやってみる?とウチのボスに持ちかけられたのでやってみました。「兵器」アレルギーの私の弱点をうまく突いた絶妙なオーダーでした。お小遣いと時間に余裕のある方は是非ご覧ください。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »