2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« 焼酎で眠くなる。 | トップページ | 悶々とする。 »

2006年11月28日 (火)

太陽観測衛星「ひので」が捉えた映像。

自分の子供のことを「うちの王子様」「うちのお姫様」という親がいるけれど、じゃあ、あんたは王子様とお姫様の親だから王様とお妃なのね、かと思うとむしろ家来になってたりするのはどうなのよ、という突っ込みはちょっと意地悪過ぎるかな、と思うので口に出さない私。

本題。

これは凄い。
http://hinode.nao.ac.jp/news/061127PressConference/
(リンク先下方にムービーあり)
こんな鮮明な画像が見られるなんて、いい時代になったもんですな。
水星の太陽面通過画像も、そのスケール感に気が遠くなる感じがします。
http://www.isas.jaxa.jp/j/snews/2006/1109.shtml

すげーっ、と思うと同時に、昔ハレー彗星が接近した時観測衛星が送ってきたデータ画像をニュースで初めて見たときのガッカリ感思い出しちゃった。ガキガキのドット絵。数秒の感覚でちょっとずつ動く。サーモグラフで見た風呂上がりのオッサンみたいな画像。

当時の私の感想。



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・なにこれ



科学分析データが重要なのは解るけど、みんなが見たかったのは鮮明な写真だったんだよ・・・。このあたりのガッカリ感は当時とり・みき氏が「愛のさかあがり」(ACT31「星に願いを」)にガッカリ感たっぷりに語っておられる。

先日NHKが国際宇宙ステーションからハイビジョン生中継を行ってニュースになりましたが、是非これは定点観測カメラとして常駐してもらいたいですね〜。
でもってNHKニュースの時間に天気予報とかと一緒に「今日の地球」とかやってくんないかな。

「現在映し出されているこの地方では内戦が起きており、大きくたなびく爆煙が確認できます」

「こちらは米軍の空爆で壊滅的な状態になった市街地です」

なんてやってくれると、まぁ、人間のやることって、なんともちっぽけで馬鹿馬鹿しいもんだ、と実感できる気がするんですがどうでしょう。

昔はボイジャー(無人惑星探査機)に思いをはせて、今頃どこにいるんだろうな、音も光も無くて寂しいだろうな、などと想像をめぐらしてボーッと空想したもんですが、最近そういう事無くなってたな。ちょっと目先のことに追われすぎてるかも。反省。たまには星を見よう。

« 焼酎で眠くなる。 | トップページ | 悶々とする。 »

コメント

今まさに僕のノートPCの下に
カール・セーガン著「コスモス」の図版が敷いてあります。
「超新星の図」なんかを変身シーンの背景に使わせてもらいましたけど、
今見たらエアブラシで描いた想像図ばっかだよ!
だまされてるよ、高校生のオレ!
当時は魔法のツールでしたよね、エアブラシ…
対馬の養殖場で魚を育てていた頃は、満天の星空を見上げながら買い出しに行くのが好きでした。
星は生に限りますねえ…

「宇宙からの映像」と聞いても「どうせ地球上のどこかで作られたのに
違いない!」といまだに思ってしまいます。困ったもんですわ。

>だいすけさん
子供の頃岡山の田舎に住んでましたから、私も星空が恋しい時があります。今住んでいるところでは、あの頃見た星の数の1000分の1も見えていない気がします。とっとと田舎に引っ込みたいです。

エアブラシイラストも今となっては過去のものになっちゃいましたね、ほとんど。存じ上げてるイラストレーターの方々も廃業したりコンピュータに移行されてます。カラーインクのきめ細かいグラデーションや独特の発色は魅力的なんですけどね・・・。

>kosatakaさん
いまだに、明らかに作り物のUFO映像をスクープごかして放送しているバラエティ番組もありますから、それもむべなるかなって感じですが、あまりこじらせて「アポロの月着陸は偽装だ!」とか言い始めないでくださいねお願いしますから。

わ、わかりました。
私も「黒い服の男たち」がコワイのでこれ以上は、、、
え?そうゆうことじゃないって?
どうも失礼いたしました!

この記事へのコメントは終了しました。

« 焼酎で眠くなる。 | トップページ | 悶々とする。 »