2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« 告知とか。  | トップページ | 豪傑到着。 »

2007年3月15日 (木)

三国伝お披露目&SDガンダムクロニクル~SD戦国伝武者英雄譚~発刊

発売日当日に見本誌到着しました。ネットのそこここではすでにお披露目されてたようですが。はぇーなしかし(笑)。よい子は本誌を買ってね。武者英雄譚はアマゾンでも取り扱ってますし。

武者英雄譚は、これまでのシリーズを一覧できるので我々にとっては良い手引き書になりそうです。これだけのキャラ設定を纏めるのと、膨大な量の図版を揃えるだけでも骨が折れたことでしょう。編集の皆さん、ポジ管理をされているレイアップの皆さん、ご苦労様でした。

表紙のイラストは(前にも書いたっけ?)新旧武者頑駄無コンビです。「武者ガンダム」と「烈火武者頑駄無」のパッケージのポーズを新旧入れ替えて描いてみました。
しかしちょっと赤版が強いな・・・。

設定や図版に関しては深く掘り下げていないので物足りない向きもあるかと思いますが、全図版と全設定を開示するとなると現在のボンボン本誌の厚さでも足りないでしょうし、価格も万単位になっちゃうでしょうから、これくらいが良い落としどころなのでしょうな。
できれば当時のバンダイ開発担当の方々やアニメの演出をされたアミノ監督のインタビューも読んでみたかった気がしますが(あ〜、そういえば先日本屋で見かけたアニメ関係者のインタビュー本でアミノ監督がSDガンダムについてコメントされてたっけ。本の題名忘れちゃったけど)。
アニメといえば、当時ライバルだった「ワタル」の井内監督とは後に「クラッシュギアT」で、アミノ監督とは「クラッシュギアNitro」でご一緒させていただく事になるわけで、いや、長くやってると面白いことが起きるものです。

漫画家の諸先生方のお話も、子供たちのためにと奮闘して下さった姿が思い出されます。神田先生の、少年漫画にかける熱い思いに感動した記憶があります。

そしてこれらの世界の中心にいた「クラフト団」の安井氏の業績には改めて敬意を表したいです。

なにはともあれ、もうすぐ20年。なんかあっちゅう間でしたが。
どうやら今年は○○○○○○も出るの出ないのという話も聞きましたので、ちょっと楽しみです。

三国伝ですが、まずはお披露目ということでカラー見開きで大判イラストと主人公の紹介です。今後はストーリー紹介のためのカラーボードを描きためてゆく予定ですので、順次ボンボンさんとかガンダムAさんに掲載されることになると思います。
いつもの事なんですが、キャラ設定やストーリー展開にはあまり首を突っ込んでないので、ストーリーは栗原氏に、キットデザインは寺島氏にまかせてイラスト作成にいそしみますです。

« 告知とか。  | トップページ | 豪傑到着。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。