2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« グレンラガンが | トップページ | 発売。 »

2007年5月26日 (土)

近況〜。

これまた気がつけば一ヶ月近く更新してませんでしたねぇ。
どうもすいません、もしかしたら居てくださるリピーターの方々。

え〜と、この一ヶ月であったこと・・・。

近所のホールに佐渡裕がショスタコーヴィチの5番を振りに来たので聴きに行った。興奮した〜。曲の解釈は師匠のバーンスタインより俺好みだった。
ラフマニノフの2番にも圧倒された。ブラボー親父嫌いの俺も叫びそうになった。満足〜。

三国伝のポスターやらパッケージやらカラーボードやらを短期間で描きまくった。
短期間でやったことで絵にも勢いが出て、良い感じに仕上がった気はするけど、まぁそれは見て下さる方々の判断することなので評価待ちかな。
全力は尽くしたつもりですけど。

でもって、そういったものがネットに流出したりね。はは。
こういった情報の流出で得をする人は、流出させたり流布させる人々でしかないわけですわ。「俺しか知らないネタをバラす快感」を得ているわけですから。
そのネタを作ったのは本人ではないわけですからいい気なモンですが。

これによってユーザーは「予測の付かない未来にワクワクドキドキする権利」を剥奪されるわけです。

同時に企画者やメーカーのサプライズギミックもぶち壊しですわ。

例えるなら、12月の大切な夜に子供を喜ばせるために地道な事前調査で欲しいものを調べ上げて、競争率の高い人気商品を足を棒にして手に入れ、当日まで家庭内どころか一族にまで箝口令を引き、子供がアッと言う演出を隅から隅まで徹底した両親が本番当日、これまで一部始終を見ていた近所の住人に

「まぁ、いいわね○○ちゃん、今日はおとーさんが赤い服着たヒゲ親父の格好して××をプレゼントしてくれるのよ」

とニコニコしながらバラされるようなもんですよ。

場合によっては情報が流出した事によって、あらかじめ計画されていた盤石な企画が変更を余儀なくされる事もありますから、結局作品を取り巻くメーカーにとってもユーザーにとっても不幸な結果になることは必至です。
無論、情報管理に対する企業姿勢は問題視されるべきですが、それを受け取る側にも慎重な姿勢は必要でしょう。

「新しい情報」であれば、それは良いものである、というのは一理あるのですが、それが不正なものであるということが明白な場合には、それを毅然とした態度で拒絶すべきです。

そういった「情報」は歓迎すべきものではなく、憎むべきもののはずなんですよ。

何故ならば、その「情報」に浮かれ、騒いでいる人はそれ以上のものを剥奪されているからです。

そんな「ウラ情報」とやらを
「ねぇねぇ、知ってる、あれってこうなんだよ」
と得意げに吹聴する輩は後ろから蹴り倒して

「うっせぇバカ」

と言ってやってください。

ついでに述べておきますとですね、このブログの別スレで報告がありましたが、コミックワールドをネットにアップしている方がそこここにいるようですが、基本的に著作権侵害なのでやめといてくださいね。これはルール。法律ですから。

BB戦士ファンを名乗る方が犯罪行為を犯すのを看過できませんから。
どうしても読みたいものが手に入らないのは悔しいことでしょうし、逆にそういった人々に手持ちの画稿を公開したい気持ちは解らないではないですが、無断で複製(スキャン)して公開(アップロード)した段階でアウトですから。手順が間違ってます。
俺よりもさらに先輩のマニアorファン(昔はオタクとは呼ばなかったからね)は身を粉にして全国の同士を探し当てて署名を集めて企業を動かしたりしていたんですから、ちゃんと正当な手続きで、もっとデカい行動を起こしてみてはいかがですかね。
俺自身は著作権者でもなんでもないので、どうこう言う権利もないんですけど、少なくともあれは当時の関係者(仕事仲間)がアイデアを出し合って、最終的に俺が描き上げたものなので、無断で公開されることは非常に不快です。それがファンを名乗る人であればなおさらですよ。

おかしーな、あれはあれでファンに対して精一杯「正義」を語ったつもりなのにな。

ちょっと話が長すぎ、というか、それた。え〜と、あ、そう、近況だったんだ。
また一つ歳をとりました。三国伝の赤い人と白い人が届きました。かっこいいぞテラシマン。ガンバロンのCDも今日届きました。カッチョいいっす。
まぁ、なんつーか、そゆことで。おやすみ。

« グレンラガンが | トップページ | 発売。 »

コメント

今石先生が言ってる事は正しいと思っています。
ただ…流出先があちらの国なので、少々会社の人達も注意が不十分だった部分もあると思います…
あちらの国ではまだ著作権と言うことの意識自体が稀薄ですので…
流出した事が残念なのが半分…力の入れようを見て嬉しかったのが半分です…
コレが元で企画が崩壊する様な事が無い事だけを祈っています。
これからも一人のBB戦士ファンとして、今石先生の熱い取説漫画好きとして応援しています。

俺はおお喜びなんでドンドン流出希望

>名無しさん
そうですね、本文でも書いたとおり、流出を許したと言うことは結果的に情報管理意識が不足していた、という事になるわけですから、今回の一件をきっかけに改善されるよう願っています。

企画についてですが、三国伝は三国志をストーリーのベースにしているため、ある程度の展開や登場人物が、いわばあらかじめ「ネタバレ」しているわけですよね。しかも試作品などはホビーショウで公開済みですし。
ですから今回の一件で企画内容が大幅に変更されるような事は無いと思います。

ただ、ファンの方々の中には発表まで楽しみは取って置きたいという方も少なからずいらっしゃったはずですから、そういった
「知りたくない人の権利」が侵害されたのは大変残念だし気の毒な事だと思ってます。

今後とも応援よろしくお願いしますね。

>失下さん
まぁ「希望」されるのは個人の自由ですので、どうぞご随意に・・・

確かに誰がどれをモデルにしているかと言うのを、
あーだこーだ言う楽しみは来年中旬位まではないっスね
多分流出画像を見る限りじゃぁ内部流出っぽい部分が強いのが哀しいねぇ

>>別スレで報告がありましたが、コミックワールドをネットに
>>アップしている方がそこここにいるようですが
確かに違法行為ですな。
ただなぁ、バンダイの再版の仕方もコレを増長させる原因の一つでもあるかと
同じシリーズが何十年も発売されていないために欲しくても手に入らないのが現状の一つ...
もしも時間がある時はYah○oオークションなどのBB戦士を
見てもらえると今の現状がある程度把握できると思います
それでも犯罪行為には変わりありませんが...

長くなりましたこれからも画伯の活躍を期待しております、では

はじめまして

これは大変なことですよね
確かに魅力的なもの、どうしてでも見たいとするのは理解できるのですが、その行為がSDガンダムの未来そのものを潰してしまいかねないんですよね
そうなってしまっては本末転倒
それに、西に東に買い求めた人の努力がふいになるって言うのも嫌なことです
とりあえず自分は友人や近所の子にBB戦士を進めて、その辺りからSD熱を高めて再販なんかを促すようにします

それでは草草

初めまして。私、先生のコミックワールドやプラモデルを幼い頃から楽しみにし続けている者ですが、私も今のネットで何でも情報が楽にして手に入るという風潮には我慢しきれないものを感じております。
 コミックワールドに関わらず、アニメ作品にせよ、漫画にせよ、無料で簡単に情報が手に入るとなれば、利用したくなる気持ちも分かりますが、しかしやはりファンだからこそ、やっていいことといけないことの区別はつけるべき、また消費者として企業に対しても礼儀を払うのは当然の義務かと思います。
 今回の先生の記事を読ませていただいて、小学生になりたての頃、鋼丸を探しに近所の模型店を一月も探し回り、ようやく古ぼけた店の一角に見つけたときの喜びを思い出しました。
 言い古されたことなのかもしれませんが、ネットで簡単に手に入れる喜びだけでなく、そういった苦労の果てに欲しい物を手に入れる喜びも大切なのだろうと。
 今、先生がおっしゃるような、情報を漏洩する方にも、そういう気持ちを抱く人間のことを少しは理解してほしいものです。
 先生の意見に覆い被せるように自分の思うところをたらたらと書き連ねてしまいましたが、どうしても何か言わずにはいられない心持ちになりましたため、コメントを書かせて頂きました。もし、何かお気に障ることがあればご容赦ください。
 これからも先生のご活躍を楽しみにしています。

>s.jinさん
まぁ、現物をやりとりしている分には問題ないと思うんですが、
そうですねぇ・・・お金に例えるならば、現金の貸し借りや譲渡なら自己責任問題でしょうけれど(当然こういった行為にもルールがあるわけですが)、それ複製してバラまいちゃ一気に社会問題だろ、って話ですよね。
再販に関しては雲の上のことなので何とも申し上げられませんが・・・。

>烈帝Joeさん
はじめまして。
そうですね、例えばコミックワールドの揃いがネットで無料でいつでも手に入るようなことになれば、そこでほとんどのユーザーさんの要望は満たされてしまうでしょうから、単行本の重版や新版の発行なども遠い夢になっちゃうでしょうね。
なかには重版希望の活動をなさってる方もいるようですから、そういった方々の努力を考えると、ちょっとあんまりな気が・・・。

お友達や近所のお子さんと楽しんでいただけているようで、とても嬉しいです。
好き勝手な色に塗装したり、思いつきの改造をしたり、存分に遊びたおしてやって下さい。
どう楽しんでもいい、SDガンダムは自由なのだ!・・・ってキャッチフレーズありましたよね(笑)

>MMさん
はじめまして。
レスを読ませていただいて、ふと思い出したんですが
ブームのピーク時、近所の商店街を歩いていると数名の小学生男子がBB戦士の話をしながら
「次は○○の店!」と叫びながら突っ走っていきました。
新商品の発売日だったと思うのですが、彼らは当時近隣に数件有った模型屋やおもちゃ屋をチャリンコにまたがって絨毯爆撃していたようです(笑)。

まだ入社1年目の私は何かジ〜ンと来たのを覚えてます。

休日ともなれば、路上や駅のホームには買ってもらったばかりのBB戦士を辛抱たまらず開封してランナーからパーツを手でもいで組み立てている子供たちをよく見かけました。そんな子供たちは仕事仲間の間で
「ぶっちぎりモデラー」
と呼ばれてました。通りすがりにそういう光景を見ては
「おぉ、ガンバレよ!」
なんて心の中で応援してました。なんか頼もしかったな(笑)。

ああいう時の子供たちの顔は本当に真剣そのもので、目の前のキット以外は完全に”アウト・オブ眼中”って感じでしたねぇ。たぶんMMさんもそうだったんでしょうね。

今回の一件で、やはりこういう長期に渡るシリーズはメーカー&スタッフ各位とユーザーの皆さんがそれぞれの立場で真摯に、かつ愛情を持って育て続けないといけないものなのだろうな、と改めて感じました。

ではでは。

初めまして。

今石先生お誕生日おめでとうございます。
これからも益々の創作の充実と大きな成功をファンとして願っております。

私はカワルドスーツの頃からのSDガンダムのファンです。
ムシャガンダムのプラモデルが入手困難な時、ふと入った模型店に最後のひとつがあったときの胸の高鳴りは今でもよい思い出となっております。ほかの模型と抱き合わせでしたけど(笑)。
当時のコミックワールドには、ジャンプやサンデーなどの漫画以上に心躍らせました。


さて、この記事で表明されているように、今石先生が不正な情報に対して、作り手のひとりとして大きくお怒りなのはごもっともです。

まず本題に入る前に、三国伝の情報漏洩に関してその情報を受け入れたファンのひとりとして謝罪させていただきます。
なお、ここでいう「受け入れた」は見て拒絶しなかったという意味であり、歓迎したという意味ではありません。

しかし、この記事の内容にファンとして看過できないものが含まれているので、少し意見を述べさせていただきます。
少々お目障りなところがありますが、なにとぞお目通しください。


ではまず第一に、三国伝の情報漏洩に対するファンへの言葉についてです。

情報漏洩の責任は、第一に漏洩させた当人が負うべきであり、第二に漏洩を防げなかった企業、団体、集団が負うべきものであるはずです。
厳しい言い方をしますが、今回の件での今石先生は「情報漏洩を防げなかった側の人間」です。
この点を顧みないばかりか、情報に触れたファンに第三の責任があるような、今石先生の今回の記事に私は異を唱えさせていただきます。

今石先生は、ファンが不正な情報を拒絶しなかったことに対し、そのモラルのなさを嘆いておられますが、ファンから見ればあの情報はあくまでも「真偽不明の怪情報」のひとつでしかありません。
ファンの立場では「真偽不明の怪情報」を「明らかに不正な情報」と判断するのは不可能です。
なぜなら、本物かどうかは、本物を知っている人にしか判断できないからです。

今回の情報はかなり具体的でしたが、それでも「あれは●●さんが作ったエイプリルフールネタ」と言われたら、大半の人はそれを信じるでしょう。
明らかに不正と判断できるのは、真偽を判断できる者が何かしらの行動をおこしたときだけです。
それはたとえば、今石先生がこのブログで情報漏洩について語るなどの行動があげられます。

確かに、真偽不明の情報を広く拡散させたファンの行動は褒められたものではありません。
しかしだからといって、情報漏洩に対する怒りの矛先をファンに向けるのはお門違いです。
私は、今石先生にファンのノーモラルを許容しろと言っているのではありません。
あの情報に触れてしまったファンを不安にさせ、罪悪感を持たせるようなことを先生に言ってほしくないのです。
三国伝が始まる前に「ぶち壊しだ」などと言ってほしくないのです。

家族のたとえで言えば、ネタをバラされた子供を親が叱るようなものです。
なんで近所の人と話したんだと。なぜ、ネタばらしを拒絶しなかったのかと。
子供は、親のいうことだけ聞いてればいいのだと。

プレゼントをもらう前に叱られたら、子供はプレゼントまで嫌いになってしまうかもしれません。
渡される前に「ぶち壊し」と言われたプレゼントに、子供はどう向き合えばいいのでしょう?
サプライズさせれらなかった子供に怒りをぶつけるのは、目的と手段を取り違えています。

今回の件で、不正な漏洩情報を拒絶しなかったファンのモラルの低さを嘆きたくなる気持ちはわかりますが、そもそも私たちはその正否を判断できる立場にないことをご理解ください。


第二に、著作権違反を行ってるファンに対する言葉についてです。

自らの関わった作品がネット上で無断公開されるのは、非常に腹立たしいというのは理解できます。
また、作品に関わった者として、それを注意せねばならないという先生の苦渋も理解できます。

しかしながら、ファンのモラルはファン同士の交流によって向上させるものであり、作る側の立場からファンとはこうあるべきと線引きするのは、いささか行き過ぎの気がします。
ましてや「楽しませてやるから行儀よくしてろ」といわんばかりの言葉には作る側の傲慢を感じます。
そして、ほかの作品のファンを引き合いに出したり「正義」を持ち出して非難するのは、ルール違反のファンだけでなくファン全体に対する侮辱です。

重ねて申し上げますが、私はルール違反を許容しろと言っているのではありません。
しかし、著作権違反を行ったファンも、不正情報を拒絶しなかったファンも、私から見れば「同じ作品を愛する仲間」です。
仲間が叱られれば、周りの者は当然自らの襟を正すでしょう。
それと同時に、我々がそのような目で見られたことを恥じます。
「同じファンとして恥ずかしい」とはこういうことです。

今石先生の言葉は、すべてのファンの心に響くことを忘れないでください。
先生のお叱りは、ファンに「同じファンとして恥ずかしい」との思いを強くさせるだけです。
まして、ほかの作品のファンや正義を引き合いに出されたら、ファンの立場がなくなります。


また今石先生は、最近のファンのモラルの低下や、作り手に対する礼儀の欠如をお嘆きになってますが、それは見ているところが間違ってます。

不快なファンを見て、不快なファンを話題にする限り、決して先生の前から不快なファンはいなくならないでしょう。

腐ったミカンが箱の中にひとつあったとき「このミカン腐ってる」といえば、腐ってないミカンまで腐って見えます。それは、ミカンにとって幸せなことでしょうか?

無礼なファンと礼儀正しいファンがいるのでしたら、無礼なファンを怒るのではなく、礼儀正しいファンに微笑んでほしいと願うのは、ファンの傲慢でしょうか?

「今石先生が怒るから○○は辞めよう」と互いに自制するよりも「先生が喜ぶから○○しよう」とファン同士の交流を願うのは高望みでしょうか?

よきファンを当たり前のものと思わず、よきファンを見て、よきファンにこそ声をかけてください。
そうすればきっと、よきファンが先生の周りに集まるはずです。
そして、そのファンをもっと信用してください。
作り手と受け手のよき関係は、その先にあると思いませんか?

願わくば、先生の「正義」が、著作権違反やモラルの低い不快なファンの切り捨てではなく、清濁合わせたすべてのファンたちと快く歩むために奮われることを望みます。


最後になりますが……。
一部の行儀の悪いファンへの怒りや嘆きのメッセージだけでなく、多くのファンに対する先生の明るいお言葉をいただけると、今石先生のファンとしてこれに優る喜びはありません。
そして、一ファンとして、今石先生のこれからの創作活動の充実と、三国伝の成功を心より願っております。

拙き内容の乱筆乱文をご容赦ください。
では。

>Oracleさん
はじめまして。ご丁寧なご挨拶、恐縮です。

拙い文章が誤解を招いたようでしたら、はじめに謝罪しておきます。
すいません。

まず情報の流出についてです。
繰り返しになりますが、当然ながら情報管理に対する企業姿勢は問題視されるべきですし、流出経路の解明や責任の追及は行われるでしょう。
無論私も関係者のひとりですから部外秘情報に関してはこれまで慎重な取り扱いを心がけていますし、今後も考えに変わりはありません。
情報流出の責任は外部の侵入に対するセキュリティも含めて、情報を所有し、なおかつ管理する側のみにある。これは当然のことですから、改めて確認しておきます。

次に情報の拡散について順列を追ってみますが、
まず情報を外部に漏らしたもの、これが内部(取引関係者含む)の人間が意図的にやったことであれば明らかな背任行為です。
外部のハッカーが侵入して行ったことであっても、これは明らかに違法行為です。
加えて、どちらの場合も情報の管理責任者は責任を問われますし、企業に対する社会的な信用は低下するでしょう。
これは大前提です。

さて、次は流出した情報(ここでは「一次情報」としておきましょうか)を、それに接した(接してしまった)人がどう取り扱うかです。この時点ではその人がファンであるかそうでないかは問題ではありません。

ある人は流出の事実を企業に通報するでしょう。
これは関係者にとって非常にありがたい「協力」です。拾った財布をそのまま交番に届けるようなものですから、賞賛されることはあっても、非難されるような点はありません。
またある人はそれをそのまま、あるいは自分の解釈を加えて「二次情報」として流布するでしょう。
これは関係者にとっては残念な事です。これは行為としてはグレーゾーンなのかもしれませんが、残念な事であるのは間違いありません(まぁ「一次情報」の段階で加工されている可能性もありますから信憑性のほどは怪しいはずで、ここでの私の発言が流出情報に裏書きをしたような印象を与えたようでしたら謝ります。申し訳ありませんでした)。
この時点で問われるのがOracleさんのおっしゃるモラルだと思います。
ここで改めて確認しておきますが、この時点でもその人がファンであるかそうでないかは問題ではありません。

問題となるのは、この情報がファンの方々の目前に現れた時です。
いわゆる「ネタバレ」というものですが、これは見る側が好む好まざるに関わらず発生するものですよね。場合によっては騙しリンクをうっかりクリックしただけで飛び込んでくるわけですから。
これを「新情報だ!」と大喜びするか、「知りたくなかったのに」と落胆するか、「それがどうした」と平然としているかは人それぞれですから、
落胆してしまった方には
「余計なことをする人がいたおかげでがっかりしちゃったよね」と気の毒に思うばかりですし、
平然としている人には
「そうそう、スルーするのが一番だよね」と同調するでしょう。

ただ、大喜びしている方には
「そういった情報を歓迎していると、結果的にあなたにとって不利益なことになるかも知れないよ」と自重を促しておきたかったのです。つまり、ごく単純に心配しているだけで、モラルの高低にからめて非難しているつもりは全くありません。

ファンの方々は今回の件で大なり小なりの被害を被っている、と理解していますから関係者の一人として大変残念なことだと思いますし、利益を得たと思っている人には「それは誤解だよ」と言っておきたい、それだけです。

Oracleさんがおっしゃるように私の発言がファンの皆さんに対する恫喝のように受け取られているようでしたら、すべて私の責任です。
申し訳ありません。お騒がせしました。

最後にコミックワールドのコピーをアップしているサイトの件ですが、別に私は怒っているわけでもなく苦渋の選択をしたわけでもありません。ただ単純に、こういった行為は

「ダメだから」です。

明らかに著作権法に違反する行為だからです。これはモラル云々以前の問題なので、著作権者が訴えれば警察が動く、そういう次元の事ですから、そうならないうちにやめときなさい、という話です。
こうした行為を行う人も「同じ作品を愛する」点ではファン共通かもしれませんが、「仲間」と呼んで良いものかどうかはOracleさんもちょっとご一考いただきたいです。
これまでお会いしたファンの方々は、いずれも熱心にシリーズを愛してくださっていますし、お話を聞いたり、ここでの書き込みを読むたびに、BB戦士のファンは本当に素晴らしいな、と誇りに思ってます。これは、この場を借りて強調しておきたいです。

だからこそ、その中に誤った行為を行っている人がいるならば、きちんと忠告しておくことは関係者であること以前に大人としての責任だと思っています。
ご理解いただけましたでしょうか。

Oracleさんのような熱意のあるファンの方々に支えられて20周年を迎えたわけですから、今後もスタッフとかファンとかの区別なしに大事に作り続けて行きたいですね・・・。「先生」とか呼ばれると、どうもむず痒くて(笑)。

ではでは。

こんにちは 初めて書き込ませていただきます 自分も小学校に入る前からBB戦士を作って育ち、今でも楽しませてもらっています
今石画伯が憤られている理由は全くの正論でありすごくよく解ります その部分にもの申しに書き込んだのではありません ですがちょっと気になったことがあったので・・・
最近ではインターネットの若年化が進んでおり、小学生でも自分のパソコンを持っている家庭もあるそうです 例の情報が流出した多少アングラ系なサイトでも年齢層が低くなっているようです
何が言いたいのかというと、BB戦士ファンの多くがよく言うと純粋で悪く言うとまだ子供なのかも知れません 自分は流出した情報も出所が何処など考えずただ「新しいSDガンダムの情報」とだけしか認識してないのだと思いました 画伯の仰るようにネタをばらす爽快感とまで考えているファンは同じファンとして板としてもごく少数かと思います
自分も当時コミックボンボンで新しいガンダムのイラストが公開されるたびに早く始まらないかな、プラモはいつ出るんだろうと楽しみに待っていました ちょっとでも新しい情報が出るたびに仲間達と話題が持ちきりでした
最近では模型雑誌等で昔よりも早く情報が出るようになっているようですが、それもやはりいち早い情報が需要があるからでしょう やはりファンとしては少しでも早い情報が欲しいのです そして喜びを他のファンと共有したいと思う気持ちもあるのでしょう
それが情報を受け入れ、広めたことの言い訳になるとは思いません 
話は少しずれますが以前ある特撮系の掲示板で流出してはいけないはずの画像が出回り、他にも要因はありましたが最終的にその掲示板は閉鎖されてしまいました 
もちろんメーカーさんや画伯をはじめとした作り手の側の方には被害はそんな物ではないでしょうが情報が作り手、受け手双方に害をなす可能性を持っていることは承知です しかしまだ心身ともに幼いファンはそこまで理解している人は少ないでしょう
そこで私は今石画伯にそのようなファンを切り捨てるのではなく諭して欲しかったのです 悪は全て切り捨てるのではなく立ち直るチャンスを与えて欲しいのです
純粋な心で新しいガンダムを見て喜んでいたところに後ろから蹴り倒して「うっせぇバカ」なんて言われればそりゃあ悲しいです 子供の頃凹んだ事は結構大人になってもしつこく覚えているものです
いきなり来て厚かましいお願いなのですが画伯には悪は絶対悪ばかりではなく未熟故に過ちを犯してしまった人もいる事を知って頂きたかったのが結論です やはり若い世代が主な受け手の作品ですので
出来れば私の意見も頭の片隅にでもおいていただければ幸いです
長い上に変な文章で失礼いたしました これからも素晴らしい作品を期待しております 

>名無しさん
はじめまして。
すいません、どうもこちらの意図が駄文のせいで伝わっていなかったようです。
前回の発言を簡略化すると、

一次情報を漏洩させた人=背任または違法行為
二次情報を流布した人=倫理的な問題意識の低い人
・・・問題としているのはこういった人々で、

ファンの方々は、こういった人々によって(受け取り方は様々でも結果的に)被害を被っていると思われるので、そういったものは拒絶するのが賢明ですよ、ということです。

これを前提にしていただければ、誰が、誰に対して「うっせぇバカ」と毅然とした態度で発言するべきであるのかご理解いただけると思うのですが。

インターネットの世界では匿名での行動がデフォルトのようになっていますので、名前どころか年齢も性別もわからないのが現状です。
ましてやそれが純粋な心を持つファンの過ちであるのか、あるいはファンでもなんでもない人間がおもしろ半分にやっているのことかどうかなど知るよしもありません。

しかし、被害を被る側は純粋な心を持つファンであると考えて間違いはないでしょう。

私は、そういった他人の迷惑も考えない人々の「行為」を嫌悪しているのであって、罪もない子供を後ろから蹴り倒してやる、といった趣旨の発言は全くしていません。

もし今回の件が幼い子供の過ちだったとしても、「ダメなものはダメなんだからもうやめなさい」
としか言えませんし、こういったことを曖昧にして関係者やファンの方々が不正を甘受しているように思われるのも我慢できませんからね。

・・・ということでご理解いただけましたでしょうか。

お忙しい最中、丁寧なご説明をいただきありがとうございます。
私の方も早急な返事を心がけようと思ったのですが、思うように時間がとれず今日まで返事が遅れてしまいました。申し訳ございません。


情報流失の流れの丁寧なご説明ありがとうございます。
先生のお言葉からスタッフの方々がこれを糧とし、以後二度とこのようなことはさせないという決意をみて安心しました。

しかし、いくつか追加でいわせてもらえれば、ファンにとって重要なのは情報流出の経緯ではなく、流出した後のスタッフの対応です。

今回の件で何よりもファンに衝撃を与えたのは、流失した情報の内容ではなく、三国伝の重要スタッフである今石先生が「ぶち壊しですわ」と言ってしまったことではないかと思います。
スタッフの方々にとってはファンに情報が流れたのは「結果」ですが、ファンにとってはそこが「始まり」です。
ここは「こんな情報では三国伝の魅力は伝わらない。実際の商品で本当のサプライズを感じてくれ」ぐらいのことをいって動揺を抑えていただきたかったかなと……。

情報流出の件についての私の話は、ここで終わります。


次に、コミックワールドをアップしているサイトについてのくだりですが、ここは私の言葉がだいぶ足りませんでした。
私の憤りが優先してしまい、それを書いた私自身の目から見ても意味がとらえにくくなっておりました。
不明多き文章でお心を惑わせてしまったことをお詫び申し上げます。

何度も繰り返しますが、私が言いたいのは「著作権法違反を許容してほしい」ということではありません。
ダメなのはダメ。これは当たり前です。
「違反を見なかったことにしろ」という意味でもありません。
この点では、私と先生の意見は一致しております。

それをふまえて、今石先生が「大人の責任」でファンに注意なさってるのは理解できます。
やるべきことをやっている先生にとって、それに反発している私の方がおかしいのは重々承知です。

しかし、私が伝えたいのはその先の話なのです。
私の考えを、もう一度説明させてください。


第一に、今石先生がファンに直接注意をすることについてです。

なお、この話に著作権違反をしているサイトやファンは関係ありません。
前回はこの説明が欠けていたので、今回はこの点をご考慮願います。

今石先生は、我々にとって「大人」ではありません。
ファンにとってのあこがれであり、目標の人「今石進」です。
「大人」から話しかけられて喜ぶ人はいませんが、今石先生から話しかけられて感激する人は大勢います。

伝えたいメッセージがある場合、それを相手に直接伝えるのは当然です。
「著作権を守ろう」というメッセージがあるなら、それを守っていない人に「著作権違反は不快だ」というのは常識的に当たり前でしょう。
先生は、ファンに強い影響力をお持ちです。
その影響力で「著作権を守れ」と訴えるのは、大きな効果があるでしょう。

しかし、今石先生の立場でそれをなさるのに、私は危機感を強めます。
作品の価値を高めるのは、作り手、受け手双方の共通の願いです。
ですが先生が、ファンの底辺を照らすのはその価値を高めることにつながりません。
むしろ、貶めてるといってよいでしょう。
なぜなら、先生の照らすところを、すべての人が注目するからです。

仮定の話ですが、もし悪意ある人物がある作品のファンを貶めようとしたとき、どのような手段が考えられるでしょう?
ファンの反社会性を暴き立て、周囲にそれを注目させ、悪いイメージを植え付けようとするのがまず考えられます。以前のオタク叩きや、ゲーム脳と同じ構図です。

それと同じく、今石先生が著作権を守らないBB戦士ファンがいて不快だといい続けた場合、周囲は「著作権を守らないファン」に注目し、いつしかBB戦士ファンは「著作権を守らない集団」のレッテルを貼られるでしょう。

前者と後者の目的は全く逆です。
しかし、手段と経過が同じなら、結果は同じになるのは容易に想像できます。
そして、先生の影響力は前者とは比べものになりません。
これは、すべての者にとって不幸です。

だからこそ、先生には不快なファンではなく、よきファンに向かってメッセージを発信し続けてほしいのです。

著作権を守らない不快なファンが許せないのでしたら、著作権を守るファンを褒めてください。
そうすれば、著作権を守るファンはそれを誇りに思い、守らぬファンは己の不明を恥じるでしょう。
そして、その誇りはファン全体で共有できるものです。

すばらしいファンがいたら、それを当たり前と思わず、周りに紹介してください。
そうすれば、周囲はBB戦士ファンをよい目で見てくれるでしょう。

作り手側がファンを語るとき、あらゆるすべての人たちが作り手の視線を借りてファンを見ることを忘れないでください。

SDガンダムのファンにとって、先生は特別な存在です。強い光を持つお方だと思います。
私は尊敬する今石先生がファンの暗部を照らし出す、サーチライトの役割をなさるのはどうにも我慢なりません。
ファンやスタッフがそれぞれの立場で互いを尊重するのであれば、先生には「大人」ではなく「みなの目標」として、ファンに接していただきたいのです。
気恥ずかしいやもしれませんが、もし「●●としての責任」が存在するのなら、今石先生には「今石進としての責任」があると私は考えます。

先生には大勢のファンを善導するスポットライトを照らしていただきたいのです。
是非とも、このことをご一考ください。

これが、先の投稿で私が伝えきれなかった「悪いファンの相手をしないでほしい」という願いの内容です。


第二に、著作権違反者をあえて仲間と呼ぶことについてです。

今石先生のいう『「仲間」と呼んで良いものかどうか』というのは、排除の理屈であり、村八分の考え方です。
私はこの考えには賛同できません。
私はSDガンダムのファンに悪人はいないというのを大前提にしています。
これは、おそらく31日に投稿なされた名無しさんも同様だと思います。
「SDガンダムのファンに悪人はいない」これはファンの誇りです。
罪を憎んで人を憎まずという言葉があるとおり、憎むべきはルール違反であり、ファン活動から「著作権違反」という行為を排除するのが理想ではないでしょうか?
「ルール違反」とセットで「人」まで排除してしまうのはいささか行き過ぎの気がします。

ファンが彼らの行為を見て「同じファンとして恥ずかしい」と感じるなら、それは彼らを含めたファン全体の問題です。
私も彼らにルール違反を辞めてほしいからこそ、あえて「仲間」と呼びます。
仲間の問題だからこそ、本気で考えられます。
私は、ファンは作品を通じてひとつになることを理想としています。
「あいつらは仲間じゃないけど、同じファンとして恥ずかしい」とはいいたくありません。
「あいつらは仲間だから、なんとかしないとな」と周囲に呼びかけるでしょう。

私は、ルール違反は個々人の問題ではなく、それを許してしまうコミュニティの問題だと思っています。
どんなに高い見識をもっていても「ちょっとだけ」という誘惑に必ずとらわれます。
著作権違反をしてしまったファンは、その誘惑に負け、コミュニティがそれを許してしまったのです。
ならば、ファン全体でそれを許さない空気を作ることがなにより大切だと思います。

受け手が作り手の監視を受けないと、順法が成立しないなんていうのは最悪です。
先生は、注意するのは大人としての責任とおっしゃいますが、大人はファンの中にも大勢います。
願わくば、大人のファンの見識を信用し、そしてそれを見守ってください。
今石先生や、作り手の方々にお願いしたいのは、そういうファンを支援していただきたいのです。

時間がかかるかもしれませんが、著作権違反を許さない世論作りは、ファンの手で解決できると信じています。


最後に、雑誌などで発表される先生のイラストを見ると、三国伝への期待が少年のように高鳴ってまいります。
今石先生との対話の機会を得、スタッフやファンの区別なく作品を作っていきたいという思いに私もまったく同意です。
是非とも、互いに全力疾走で作品を支えていきましょう。


では。

どうも獅守空弩(シスクード)といいます
色々大変でしょうが
今回の三国伝期待してます特に非頑駄無キャラのキット化などなど
お仕事頑張ってくださいね
でわでわ

>Oracleさん
ご意見ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。

>獅守空弩さん
はじめまして。
今後ともよろしくお願いしますね。

こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回の流出問題で色々と難しい事になっているのですが、
結局の所『情報の保護』と『自己責任での閲覧』が大きいと思います。
創り手はコレを機に情報流出を未然に防げるようになればいいし、
買い手は自己責任での情報閲覧をするべきなのだと思います。

色々と大変な事になっているかも知れませんが、くじけずに頑張ってください。
『"頑"張りに無"駄"は"無"し』なのですからw
これからもBB戦士と今石先生のご活躍に期待しております。

>コマンド軍曹さん
はじめまして。
おっしゃるとおりです。
今後ともまったりと遊びに来てください。

ではでは。

こんにちは。初めて投稿させていただきます。
今回の出来事で皆様が活発に意見を交わされているのを拝見しまして、私も含めファンの皆様方は新しい情報をいち早く入手したいと思うのが心理でありましょうが、折角のBB戦士の新シリーズなのだから長年のファンとして、節度ある楽しみ方をしなければならないと思いました。
コミックワールドのネット上のアップについても、私は今石先生の記事によって初めて知り、それを閲覧したいのはやまやまですが、探さないように我慢しております(私はネットの事は詳しくないので、探そうと思っても探し出せないでしょうが)。
いつもBB戦士によって楽しませていただいているファンの私達ですから、今石様達スタッフの方々が不快に思われる行動は慎み、スタッフの方々が我々に然るべきタイミングで公開してくれたものによってファンとして自由に楽しむことが良いのではないか、と思いました。
インターネットが普及し、昔のように作品を純粋に楽しむことすら難しくなってきているのが現状ですが、これは時代の流れなので止むを得ません。こういった現状の中でもSDガンダムは見事に成長していってくれることをファンとして願っております。今石先生やスタッフの方々は様々な大変なことが有り、ご苦労されることが多いであろうと思いますが、いつまでもファンの憧れの存在でいてください。
話が変わって恐縮なのですが、今石先生が所属されている、シンクポート様のホームページは以前は横井孝二様がマスコットキャラを書かれたトップページを見つけることができたのですが、現在見つけることができません。ファンとして拙いものながら今石先生に送らせていただきたいものが有り、差し障りがなければ、シンクポート様の所在地を教えていただきたいのです。無理なお願いでしたら申し訳ありませんが、是非ともお願い致します。稚拙な文章で長々と失礼いたしました。また私事のお願いをしてしまいすみません。

>明倫 さん
はじめまして。

ご理解いただいて幸いです。
今回のことでは自分自身皆さんのご指摘に反省するところも多く、今後は自重しなければならないと思っております。

さて、シンクポートにつきましてですが、フリー集団としての初期的な機能は全うしたという観点から、昨年いっぱいを持って集合拠点としての事務所を解散し、それぞれフリーランスとして、あるいは別会社に移籍して活動しております。
誤解の無いように説明しておきますと、別に何かのトラブルがあったわけではなく、あくまで「発展的解消」で、メンバーは現在でも共同でひとつの仕事に取り組んだり、プライベートな交流も相変わらず続いておりますのでご心配なく。

ということで、いわゆる「窓口」がありませんので、BB戦士がらみのことでしたらバンダイホビー事業部様気付でお送りいただければ間違いないかと思いますので、よろしくお願いします。

ではでは。

今石先生、早々のご返答ありがとうございました。シンクポート様の解散や、BB戦士関連の窓口について丁寧に説明していただけたお陰でよく理解することができました。お忙しい中、私などの質問にこんなにも早く返事をしていただけて、感激いたしました。これからバンダイホビー事業部様気付で送らせていただこうと思います。その折には是非、見ていただけると幸いです。本当にありがとうございました。

いやあ、先生様にもなると、いろいろ大変ですなあ。
あたしゃこれから、無責任に酒飲んできますわ。

>明倫さん
どうぞよろしくお願いします。楽しみにしてます。

>keikoさん
いってらっしゃ〜い。
え〜と、今さらですけど、全力疾走な七の人ですよね?

全力疾走の七ね。なんのことかと、1分ほど考えちまいましたぜ。
ケイタイの方は失礼を。気がついたのが夜の11時だったもんで。

>keikoさん
あ〜、やっぱりそうか、って
今時分気づく俺もどうかと。

ではまた近々に〜。

コミックワールドの件ですが。
一応、mixiの方で該当していると思しき方にメッセージを送ったところ、
アップしていた画像は全部削除されました。
今回のMarshiさんのBlogの発言を見て、
思い当たる節があったのでこちらから連絡を取った次第です。

どうやら、私がメッセージを送る前にどうやら画像の提供者とも相談していたようで。
こちらから連絡を取ってすぐに削除しますとの返事が来ました。
その後、覗いてみたら削除されているようでした。
他にも同様のサイトがあるかどうかは知りません。

個人的には、そういうことをする人がいてもおかしくはないと思います。
事実上の「再販されないキット」がある以上は。

ということで、何とか「ムシャサイコ」を再販していただけるように
働きかけていただけないでしょうか。
「巨山の斉胡」にパーツは揃ってるので、
箱と説明書さえ手に入れる方法があれば……

>ACEさん
ありがとうございます。

残念ながら、再販について私は何ら権限がありません。ただののイラスト描きでしかありませんので・・・ご希望の件はバンダイ様に直接伝えられてはいかがでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

« グレンラガンが | トップページ | 発売。 »