2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

« 2012年3月 | トップページ

2012年4月26日 (木)

ムシャジェネレーション未使用企画06

お待たせしてすみません。
その6です。

機動天空城の存在は時をおかず敵の知るところとなり、
機械人形たちは猛然たる総攻撃を仕掛けてきます。
しかしそこは天空武人の遺産たる機動天空城。
大量の直撃弾を物ともせず、轟音とともに離陸し
ターンA たちを乗せて月へ旅立ちます。

09

その間にも月のクレーター内基地では「首領」である
セントラルコアが次々と機械人形を生産し地球へ送り込んでいます。
生まれたての機械人形の目が無数に光っています。

10


地球引力圏を脱し、月へと向かう機動天空城に向けて
次々とさらに巨大化した機械人形が襲いかかります。

11


さて、ついに最終決戦という流れですが、ガッカリされると困るので
あらかじめお伝えしておきますが、最終決戦のイメージボードは
1枚も描かれていません。
これは単純に企画が未決定の段階だったからという事と、
戦いそのものは特にイメージボード化しなくても
やることはわかっているからでもあります。

ということで、次回は最終決戦後のエピローグとなります。

ではまた次回。

2012年4月 9日 (月)

ムシャジェネレーション未使用企画05

その5です。

「戦いの中、発見された巨大な城。」

07

激しい戦いが続く中、大爆発により崩れた山の中腹から
巨大な城が出現しました。
それこそは天空武人が地上に残した遺産のひとつ、
「機動天空城」でした。

ターンAたちが城を詳細に調査した結果、この城は
空を飛ぶどころか月を遥かに超える宇宙の彼方まで飛翔する能力を有し
絶大なる攻撃力と防御力を備え、しかもそれを支える動力源である
太陽炉も健在でした。

ただ、これが號斗丸と合体して機動大将軍となったものなのか
同型の別機体かは最後まで判明せず、劇中では最後まで
ターンAたちは秘められた機能を知ることなく
城&万能戦艦として使用され機動大将軍にはなりません。

「いざ、月へ!」

08

これまで圧倒的な物量に押されて防戦一方となりつつあった
頑駄無軍団は、機動天空城の発見を絶好の機会として
ついに月にある敵陣へ突入する決意を固めます。

両側に立つウォドムは戦闘の際、破壊した複数の機体の部品を再組立したもの。
この時代にも駄舞留精太のようなメカのスペシャリストがいるのでしょう。

ではまた次回。

2012年4月 6日 (金)

ムシャジェネレーション未使用企画04

その4です。

「月より次々と送り込まれる
もの言わぬ機械人形たち。」

05

ターンA が獅子奮迅の活躍を見せる間にも
月からは次々と巨大な機械人形が攻めこんできます。

余談ですが、アニメに登場するカプルは搭乗員が悲しい時には
体育座りをしたりと、キャラクター的な扱いをされていて、
当時これはきっとカプルはSDキャラのメタファーなんだろうな
という印象を受けました。
そういった部分も踏まえての「全肯定」なのかと。
あくまで個人的な印象ですが。

「悪無覇威夢山近くに築かれた隠し砦。
決戦の準備はととのった。」
06

敵の攻勢に対してターンA たちは大反撃に向けて
着々と準備を整えます。
戦いの中で新しく仲間も増え、意気は高まるばかりです。

次の段階では「あるもの」の登場により物語は大きく展開します。

ではまた次回。

2012年4月 4日 (水)

ムシャジェネレーション未使用企画03

その3です。

「過日のターンA 。
”月の魔神の異名を持つ。」

03

月からの侵攻によって荒廃した世界で一匹狼として
無敵を誇るターンA 。
取り囲んでいる敵がSD体型であるのを見ると、
月の軍団と手を組んだ一党があるのでしょう。
しかしターンA には歯が立たないと見えます。

ターンA は2タイプに変形する仕様のようです。
”月の魔神”形態は胴体を前後逆に使うのを基本アイデアにしているようですが、
どこをどうしたら下のターンA になるのやら。
まぁ、この時点では細かいことは全く考えていませんね。
何故ならばそんなこと意味がないからです。
企画段階では夢だけ見てればいいんです。

「武士道を知らぬ者め、「新月殺法」の
威力を見よ!」

04

頑駄無軍団に参じたターンA の姿は額のマークとヒゲを除いて
ほとんど商品版とかわりません。
この時点でノーマル版と金型共用仕様であることが想定されています。

ではまた次回。


2012年4月 3日 (火)

ムシャジェネレーション未使用企画02

その2です。

「天下無敵の大将軍、ついに敗北。
頑駄無軍団壊滅の時が来たのだ。」

02

月からやって来た謎の光の正体は巨大な機械の怪物でした。
巨大化能力を持つ大将軍は頑駄無軍団を従えて迎え撃ちますが
謎の敵の圧倒的な戦力の前に刀折れ矢尽き、ついに敗れてしまいます。

実は巻頭いきなり頑駄無軍団が全滅という衝撃的な展開は
トウハ大将軍編のために考えていたものですが採用されず、
諦めきれないので再度チャレンジしました。結構しつこい性格です。

このボードを見て「あれ?」と思った方も多いと思います。
そう。この場面に登場しているウォドムはSDではありません。
実はこのシリーズでは敵の巨大機械人形はSDでの発売を想定せず、
すでに発売されていたターンAのプラモデルをそのまま敵キャラとして
利用させていただくという、なんとも大胆な企画だったのです。

高額商品を展開しにくい時期でもありましたから
ある意味苦し紛れと言えなくもないですが、
今思い返すとなかなかアグレッシヴで悪くないとも思います。

ではまた次回。

2012年4月 2日 (月)

ムシャジェネレーション未使用企画01

昨年予告していながら、なかなか手を付けられなかった
ムシャジェネレーション未使用企画のイメージボードを数回に分けてお送りします。
ボードの表記によると1999年の企画なので、もう13年も前のものですが、
しばらくお付き合いください。

御存知の通りこのシリーズは「ムシャ戦記 光の変幻編」に続くシリーズ第12作目で、
実際に展開されたものとは全く異なるストーリーボードが概ね全編にわたって用意された、
恐らく唯一の作品です。

このまま埋もれさせてしまうのは惜しいため、BB戦士25周年のこの機会にバンダイ様のご厚意により公開させていただきます。

まずは最初のボード。ボードには作成年月日と通しナンバーがありますが、
ひと通り描き上げたあとに補足で加えたものもあるので、ストーリー進行に沿って再構成してあります。

頑駄無軍団の大将軍が催す月見の宴の最中、月から怪しく光る無数の流星群が降ってきます。
不吉な予兆と感じた大将軍ですが、それが一体何なのかは思いもよりません。(続く)

01_3

ストーリーボード用に準備した大将軍の仮デザインです。いつものことですが、この時点ではベースのMSは想定していません。部分的にダイキャストを使用する想定だったようです。

01b_2

ではまた次回。

« 2012年3月 | トップページ