2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter

2006年12月31日 (日)

今年も終わり。

なんだかモタモタしているうちに1年過ぎた感じです。
昨日まで仕事が続き、今日は午前中を仕事場の掃除に費やし、午後は昼食の後昼寝。それから酒を呑みながらTV録画した「涼宮ハルヒの憂鬱」を時系列順に鑑賞しつつ女房の料理に舌鼓を打つというオタクおやじの極楽モードに突入ですよ。

先日記入の忘年会はつつがなく終了。日頃お世話になっている方々にご挨拶しつつ、軽く営業なども。今年はケロロたちが登場しなかったので前回のように軍曹とツーショットが撮影できず残念。代わりに若手お笑い芸人が当番してましたが、おおむね「だだ滑り」でした。お笑いにうるさい女房が観ていたらきっとこめかみに青筋を万里の長城のように高らかに浮き上がらせていたことでしょう。
しかしこの忘年会の度に思うことですが、見渡すばかりの人、人、人の会場に、やはりアニメーションというのは物凄い数のスタッフの努力に支えられている物なのだなあ、と実感します。

忘年会終了後はマイボス&参謀とハシゴ。
いっぱい話して、ボスの馴染みの爽やか音楽オタクがマスターの店で「Xボンバー」のサントラを聴かせて貰って満足。前回は「星くず兄弟の伝説」を聴かせてもらって感動したな。いい空間だった。呑んで語って聴いて。途中で力尽きて寝ちゃったけど。ありがとうボス&参謀。

今年は例年に比べて数多くアニメーションを鑑賞するように努めたのですが、なかなか面白い物に出会えて良い感じでした。といっても私が今年観た、という意味で今年公開とか放送という意味ではないですが。
今年1番ハマったのは「ギャグマンガ日和」でしょうね。人間の知覚限界に挑戦しようとしているのか、と思うほどのマシンガン的テンポ。ウケようがウケまいがガンガン進む自信たっぷりの演出。ついに声優のしゃべりがスピードについていけなくなったのか、台詞をデジタルなカッティングで加速させてまで作品を成立させるほどに。かっこいいぞ大地監督。さすが我が家で最も需要の高いクリエーター。

同じアグレッシブな作風では「銀魂」が凄かった。地上波ゴールデンででここまでやるか。原作を大事に大事にしながら、TV放送のルールじみたものを作為的に、クレバーに破っていく感じがイカしていた。さすが高松監督。これからが楽しみ。他人事みたいに言ってますが。

前「ケロロ軍曹」の山本監督の「NHKにようこそ!」も面白かった。原作はチョイ見程度だったのでどうこう言えないのですが、非常に丁寧に「人間」がどのように「ダメ人間」になっていくのかを描写していて迫力があった。取材も細かくされたんだろうなあ。周辺のデザイン作業量も尋常じゃなかったはずで苦労がしのばれます。「電車男」のようなライトオタク描写を一般人が弄ぶ作風がが流行になった時流に投げかけた(本気な)カウンターカルチャーの心意気を感じる作品に仕上がったのではないでしょか。なにより初期エンディングの頭がクラクラするような歌と強烈なビジュアルは凄かった。

今年最大の話題だったらしい「涼宮ハルヒの憂鬱」はアニメーションの質的にも、原作との連動企画のクレバーさにも非常に感心しつつ、作風が持っている「暗さ」がひっかかってちょっと複雑な感じはしました。まあこれは好みの範疇でしょうが。
この作品を新たなアニメーションのビジネスモデルのように評価する向きも多いようですが、それはどうかと。それは結果論的な評価よりもプロセスが理解&実行できるかにかかっていると思うんですが。つまり温度。

もう一つ我が家的に好評だったのは「桜蘭高校ホスト部」。あのギャグとシリアスの振り切れた表現は、同じく我が家的に好評だった「フルーツバスケット」や「彼氏彼女の事情」に通ずる物で、内容に違わない美麗なビジュアルは我が家の腐女子に大変好評でした。もちろん私も楽しませていただきましたとも。

あと、個人的に今年はほのぼのしたものを好んで観ました。疲れ果てたときには「あずまんが大王」や「かみちゅ!」や「エマ」が最高の清涼剤になりました。それぞれわりとヘビーローテーションです(笑)。私を知っている方々は意外に思われるかも知れませんが、昔から「ほのぼの」とか「可愛い」とか大好きなんですよ。ツラからは想像もできないでしょうが。その真逆も面白いんですが。暗くてドロドロ。メソメソ。それもいい。

逆ベクトルといえば「ゼーガペイン」も良かった。良かったんだけど、作風について「この世界は絶望的なものだ」「絶望をどう自分が改変するのか」をもっと直裁的に(広報的に)アナウンスしていれば、もっと早く視聴者が気づいてくれたんではないか。ちょっともったいないなぁ。「前提的不幸」は中高生のフェイバリットなのに。
しかし、浅い時間帯にガンダムではないシリアスなロボットものを打ち込もうとしたサンライズの気概は、もっともっと評価されるべきじゃないんだろうか。少なくとも、私は惚れ直した。
また、エンディングテーマのドラマとの地続きの効用にも感動した。ひさびさにロボットアニメのCD買ったよ、だはは。

最後に近況。
「ケロロ軍曹」もこれからどんどん面白くなりますぜ旦那。個人的にも楽しみなエピソードが数々。劇場版も濃厚な出来になりそう。長編も短編も。TVも長編も短編も全部やってるんで目が回ってますぜ。

「爆丸」のデザインもやりましたぜ。あんまり大したことやってないけど観てやってくだされ。

で、また「戦国伝」参加です。またもやオッサン出現ですみませんね。どうしましょう。これも私自身は大したことやらないと思いますけど、プロジェクトは力入ってるみたいです。色んな意味で面白そうですよ。お楽しみに。

後は膠着状態のいろんなプロジェクトが動き始めると楽しいかな、と。

それでは、いい時間になってきましたので

今年ご面倒かけた皆様ごめんなさい。

来年は、ちゃんとやります(笑)。

来年がみなさんにとって良い年でありますように。

2006年6月10日 (土)

ウエットルキング

 いや〜、楽しませていただきました。視聴中ニヤニヤしているヤなオヤジ。
子供は元ネタも知らぬまま笑ってたのでオールオッケーですよ。
それでこそアニメケロロですよね。それにしても今回は濃かった。
サインを指で回すと痛いから鉛筆で回すなんてネタは当時を知る者でこそ出来ること。さぞや若い方々には加齢臭のウザい回だった事でしょう(笑)。

 パロディ部分だけでなく、「気持ち悪い」と言われて落ち込んだウエットルキングが、降りしきる雨の中で膝を抱えて紫陽花を見つめるシーンなどは、なかなかしんみりとした良いシーンでした。ストーリーの落としどころもとても良かったし。

 それにしてもあのユルユルの主題歌が。欲しい。欲しいぞ。ぜひともサントラ収録をお願いしたい。

 再登場はあるのかな。次はスケールアップしてウエットル兄弟も登場するとか。ウエットル警備隊のウエットルホークとか登場するならやってみたいなぁ。ヌメヌメのメカ(笑)。

2006年6月 3日 (土)

トンカツ食ってウマかっ・・・

 このところ仕事が押し気味でまともに外出していなかったので、昼は画材の買い出しも兼ねて外食に出た。女房が友人から聞いたという駅前商店街にある店のトンカツが旨いらしいというので赴き、ロースカツ定食をいただく。これが肉の旨味がよく出ていてサイコー。
 女房が注文したショウガ焼きを一口もらったが、よくある濃い味付けで質の悪い肉をごまかしたようなものではなく、薄目の味付けで柔らかくて甘みのある肉がこれまたサイコー。
 胴回りが気になる昨今なので頻繁には通えないと思うけど、月に一度くらいは食べたいなぁ。

 話変わって。来週のケロロはついにウエットルキング登場ですよ。原作の面白さに、さらにブーストかかってますよ。キッツいですよ。コンテ読んだ時から楽しみにしてたんですよ。昭和40年代特撮ファンの方々は見逃さないでね。パロネタが判らなくても面白いんですが、ネタ知ってるオサーンは120%楽しめるはずですよ。
 こんな回に限って私の仕事は何もなかったですよw
 絵描きのくせに絵は描かずオタクとして資料提供のみですよ。ハハ。

2006年4月 1日 (土)

ケロロ二年目終了。

 素晴らしい出来映えだった。

 ファミリー向け作品でもここまで出来るんだ!という気概を感じた。
 大ギャグ巨編から小隊最大の危機へとなだれ込み、ほのぼのとしたラストに至るこの四本。

立派な仕事だと思う。

 軍曹復活のシーンに「ケロッとマーチ」が流れた瞬間、ちょっと込み上げるものがあった(やるなあ、監督)。
 全国のお友達の喜ぶ姿が目に浮かぶようだ。ウチにいるお友達も大喜びでしたよ当然。

 観終えた瞬間には、こういう良作に参加させてもらったことに誇りすら感じた。

 苦心しながら作品を作り続けてこられた監督&スタッフの皆様、お疲れ様でした。

 三年目も頑張りましょう!